乳首黒ずみ 原因

これって年齢のせい?気になる乳首黒ずみの原因を徹底解明!!

年々気になってくる乳首の黒ずみ・・・。あなたはケアを諦めてしまっていませんか?実は乳首の黒ずみが生じる原因は複数あり、加齢や生まれつきのせいと決めつけてはいけないのです!

 

そこで今回は、乳首黒ずみが生じる原因を徹底解明していきます。又、原因毎に改善方法を記載していますので、ぜひご参考にして下さいね!

 

乳首が黒ずんでしまう原因って?どのように改善していけば良いの??

 

*摩擦*

 

衣類と乳首の間には、どうしても摩擦が生じてしまいます。するとその摩擦から肌を守ろうとメラニン色素が過剰に生成されます。そして乳首に色素が集まる為、黒ずみが生じてしまうのです。

 

摩擦が原因で乳首黒ずみが生じているのなら、下着選びを重要視しましょう。自分のサイズに合った下着を身に付ける・素材を綿100%の物にする等の工夫が必要です。少しでも摩擦を軽減して、黒ずみをストップさせましょうね。

 

*加齢*

 

加齢は肌の新陳代謝機能を低下させ、老廃物を上手く排出できなくします。又、ターンオーバーの周期も遅くしてしまいます。これにより、本来は自然に剥がれ落ちるはずの角質やメラニン色素が蓄積してしまい、黒ずみとなるのです。

 

ターンオーバーを促すには、規則正しい生活・偏りのない食事・十分な睡眠が欠かせません。まずは普段の生活を見直し、そして乳首の美白ケアやリンパマッサージ等をプラスしていきましょう。

 

*紫外線*

 

乳首は直に紫外線の影響を受ける場所ではありません。しかし紫外線と乳首の黒ずみには大きな関係があるのです。あなたは「目から日焼けする」という言葉を知っていますか?

 

紫外線が目に当たると細胞がダメージを受けてしまいます。すると脳は「肌を守らなくては!」とメラニン色素を生成するよう、体に指令を出すのです。これにより紫外線が直接当たっていない乳首にもメラニン色素が生成され、黒ずみが生じてしまうのです。

 

外出の際は日傘や日焼け止めクリームだけでなく、サングラスやサンバイザー等も活用しましょう。

 

*妊娠・出産・授乳*

 

妊娠すると出産後の授乳に備え、乳首の皮膚を強くしようとメラニン色素が乳首に集まります。その為、乳首が黒くなるのです。又、赤ちゃんが乳首の位置を認識しやすくなる為に、乳首が黒くなるという説もあります。

 

妊娠による乳首の黒ずみは、授乳期間が終われば自然と元に戻ります。しかし授乳期間が終了しても黒ずみが軽減されないという場合は、乳首の黒ずみケアを始めましょうね。

 

乳首の黒ずみは生まれつきも関係している!?改善方法はないの?

 

上記では乳首が黒くなる原因をご紹介してきましたが、実は乳首黒ずみは生まれつきの方もいらっしゃいます。生まれつき肌が白い人・黒い人がいますよね?これと同じで、メラニン色素が生成されやすい人・されにくい人がいるのです。

 

「生まれつきだったらしょうがない・・・」と諦めてしまう方もいらっしゃるでしょう。しかし乳首の黒ずみは生まれつきであっても、きちんとケアする事で改善は可能です。メラニン色素の生成を抑制する黒ずみ対策クリーム等を使用し、ケアを行いましょうね。

 

乳首黒ずみの原因を知って正しくケアしていこう!

 

今回は乳首の黒ずみを生む原因についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?乳首の黒ずみは生まれつきの場合もありますが、摩擦・紫外線・妊娠・加齢等も関係しています。よって、原因を良く知ってケアを行う必要があるのです。

 

特に摩擦や紫外線は簡単に対策できると思いますので、ぜひ取り入れてみて下さいね。又、メラニン色素を排出するには、ターンオーバーを促す必要があります。不規則な生活や偏った食生活はやめ、規則正しい生活を心掛けましょう。

 

そして化粧品での黒ずみケアも忘れないで下さいね。原因を理解し十分な乳首の黒ずみケアをしていきましょう!